EAAとBCAA

BCAAはトレーニングされている方はご存知かと思います。

最近よく耳にするEAA。

これはなんなのか???今回はそれを解明したいと思います。

EAA、BCAA、共に必須アミノ酸です。

では違いについてです。

~EAA~

バリン、ロイシン、イソロイシン、トリプトファン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、ヒスチジン

9種類のアミノ酸のことです。

これは体内での生成が難しく、食べ物など外部から摂取しないと生成されません。

~BCAA~

バリン、ロイシン、イソロイシン

3種類のアミノ酸のことです。

これも体内での生成が難しく、食べ物など外部から摂取しないと生成されません。

食べ物から摂るのですが、ダイエット時や減量時

余分なカロリー、栄養過多、消化酵素などを考えるとなるべく抑えたいところですよね?

我々の体には血中アミノ酸濃度と呼ばれるものがあり、血液の中を常にアミノ酸が駆け巡っています。

アミノ酸はバランス良く保たなくてはいけません。

ひとつ欠けていても意味がないのです。

ここからサプリメントについてお話します。

EAAとBCAAどちらをとればよいのか?

~結論~

「どちらも必要」

EAAは必須アミノ酸全てが含まれています。

つまり全てのバランスを保ちます。

ではBCAAは必要ありませんよね?

そうではないのです。

BCAAは運動時に消費されるアミノ酸なのです。

運動時に消費されてしまうBCAA。

この時にEAAを摂取したとします。

総合的にアミノ酸濃度をあげてくれますがバランスはどうでしょう?

全てのアミノ酸が摂取できてもBCAAは欠けたままですよね?

血中アミノ酸濃度がバランス良く保たれていなければ、筋肉の分解が始まってしまうのです。

使い分けとしましては

EAA・・・起床時、運動前、運動後、就寝前

BCAA・・・運動中

サプリメントから摂取するアミノ酸は消化酵素を使いません。

つまり胃や腸に負担を与えることなく血中に流れ込んでくれます。

常にアミノ酸濃度を高く保っていれば筋分解を抑えることができるでしょう。

なんだか横文字がおおくて覚えにくいですがうまく使い分けるとボディメイク、ダイエットに大活躍間違いなしです!

ここまで読んでいただいて誠にありがとうございます。

大阪上本町 筋力アップ、ダイエット、コンテストに関しましては中田までご相談下さい!