足元から準備を

以前このような声がありました。

トレーニングをする時のシューズはどのようなものがよいですか?

皆様はトレーニングを行う際、シューズに拘りますか?

私は拘ります。

お客様にシューズのご相談を受けた際もはっきりとお伝えしております。

シューズを選ぶとき、様々な選び方をすると思います。

デザイン、軽さ、クッション性、屈曲性、靴底の薄さなどなど。

私がオススメしているポイントは

屈曲性と靴底が分厚すぎないこと。

この2点でお伝えしています。

なぜか?

この写真を見ていただいたらわかる通り靴の屈曲性がないとこの足フォームがとれないからです。

また、靴底に拘る理由は私の指導では重心を非常に大切にしております。

靴底が分厚すぎると足の裏の感覚がとりにくく、重心が安定しにくいからです。

もしシューズ選びに困っている方は参考にしてみてください。

某スポーツブランドの販売員をしていた私の余談ですが

シューズは踵で合わせてサイズを決めてくださいね!

靴を履いて爪先をコンコンとしてから靴ひもを結び、サイズの確認をしている人をよく見かけます。

正しくは踵でコンコンをしてから靴紐を結んでください。

足の甲あたりに紐を通す穴みたいなのありますよね?

あそこだけフィットさせるようにすれば基本的にきっちり履けます。

お子さんのシューズのサイズ選びになんかは非常に役立つと思います。

以上余談でした。

大阪上本町、ボディメイク、ダイエット、コンテストに関しましては中田までご相談ください。